online_shop
diaryPost

Jun 22, 2020

ピーナッツは体にいいの?ピーナッツの注目される栄養素とは?

ピーナッツといえば、高カロリーで、あまり身体によくないというイメージを持たれる方は多いのではないでしょうか?でも、そのイメージは間違っているかもしれません。

近年、ピーナッツは非常に優れた食品であることがハーバード大学の研究を通じて明らかにされました。なんと、ピーナッツを毎日食べると、生活習慣病などによる死亡リスクが20%低下するという研究結果を発表されたのです。
また、二度も脳梗塞に罹患されたにも関わらず、後遺症が残らなかった方が、実は毎日ピーナッツを摂取していたというお話も伺いました。

果たして、ピーナッツにはどんな栄養素があって、どんな効果があるのでしょう?

 

ピーナッツの一粒当たりのカロリーは?

ピーナッツは高タンパクで食物繊維やビタミンも豊富な食べ物ですが、カロリーは一粒当たり約6Kcal、100gで562Kcalと高め。美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまうことがないよう、事前に一日の量を決めておくことが大切です。量を決めておくことで、カロリーオーバーを気にしなくてすむようになります。お勧めの量は一日20粒程度。おおよそ120kcal程度となりますので安心です。

また、ピーナッツを加工することでカロリーを抑えることができます。例えば「ピーナッツの蜜煮」は、湯がいたピーナツを使用するため、100g当たりのカロリーが300Kcalと大幅ダウン。従来の甘露煮より糖質が約1/3カットされているので「ヘルシースイーツ」として人気です。

 

ピーナッツは食物繊維が豊富って本当?

現代の日本人に不足がちな食物繊維を、サツマイモの3倍も含んでいるピーナッツ。食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、ピーナッツに含まれる食物繊維のほとんどは不溶性です。不溶性の食物には、保水性が高く、腸の蠕動運動を促進し、便通をよくする効果が認められています。お通じが気になる方にも、ピーナッツはぴったりです。

 

 

ピーナッツの脂質が多いから太りやすい?

ピーナッツはその半分が脂肪ですが、そのほとんどが皮下脂肪になりにくい植物性。さらに、不飽和脂肪酸と呼ばれる「必須脂肪酸」です。必須脂肪酸は体内で生成することができませんが、細胞の機能を正常に保つには必要不可欠なものです。

ピーナッツには、この「必須脂肪酸」でも特に近年注目されているオメガ6の一つであるリノール酸と、オメガ9の一つであるオレイン酸を多く含んでいます。リノール酸とオレイン酸は、LDL(悪玉)コレステロールを減らし、動脈硬化を予防することで知られています。

また、リノール酸は脂肪細胞の増加を抑制する働きもあるので、ダイエット中の方のサポート食品としてもおすすめです。

さらに、ピーナッツの粒は適度な硬さがあります。しっかりと咀嚼しながら食べることで満腹中枢が刺激され、食べすぎを抑えるという点でも、人気のダイエット食品でもあるのです。

 

ピーナッツはコレステロールが多いの?

コレステロールが多いと思われがちなピーナッツ。でも、実はピーナッツにはほとんどコレステロールは含まれていません。さらに、前述したリノール酸やオレイン酸の効果でコレステロール値を下げる効果も報告されているほどです。また、ピーナッツはビタミンEが豊富なので、脂質の酸化も防ぎ、中性脂肪を下げる効果も期待できます。

 

 

ピーナッツはタンパク質が含まれている?

アメリカでは、ピーナッツバターを「ナチュラルプロテイン」と呼ばれるほど、アスリートに支持されているのをご存知ですか?これは、ピーナッツに人間の体に必要不可欠な良質なタンパク質が多く含まれているからです。タンパク質は、筋肉や臓器、肌、髪、爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質などを作り、栄養素の運搬を行います。最近では、日本パワーリフティング協会のトレーニング情報記事でも、ピーナッツに含まれるたんぱく質が筋トレの間食に有効と紹介されるなど、アスリートも注目している食材です。(参照:日本パワーリフティング協会記事「ピーナッツのカロリーと栄養素」より)

 

ピーナッツは糖質が多い?

ピーナッツは実は低糖質。血糖値が上昇する度合を表すGI値は、寒天やモズクに次ぐ15と極めて低く、低GI食品としても知られています。低GI食品は食後血糖値の上昇・下降がなだらかになるので、空腹を感じにくくなるともいわれています。さらにピーナッツは高カロリー・高タンパクなので、糖質制限をしている方の補助食品としてもおすすめです。

 

ピーナッツにはどんなビタミンが含まれているの?

ピーナッツには数多くのビタミンが含まれていますが、特にビタミンEと、ナイアシンの含有量が多いのが特徴です。

ビタミンEは強力な抗酸化作用を持ち、別名若返りのビタミンともいわれています。さらに、血管拡張を促し、血管内で血液が凝固するのを防ぐので、動脈硬化の予防としても効果が期待されるビタミンです。また細胞の健康維持を助ける栄養素としても注目されています。

ナイアシンは水溶性のビタミンで、エネルギーの源である糖質や脂質の代謝の補酵素として働きます。生命活動を維持するエネルギーの生産や脂肪の合成などに深く関係している、人の健康に欠かせない栄養素です。

そのほか、ビタミンB1やB2、カリウムやマグネシウム、リン、鉄など身体にとって欠かせない栄養素がバランスよく豊富に含まれています。美肌を作るタンパク質や、肌に潤いをもたらすといわれているオレイン酸も多い上に、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているので、アンチエイジングや美肌効果も期待できます。

また、ピーナッツは熱を加えても栄養価はほとんど変わりません。調理後もピーナッツが持つ豊富な栄養素をしっかりと摂取することができるのも嬉しいですね。

 

 

ピーナッツは天然の栄養補助食品です

実は、あなたの健康を守る働きがたくさんあるピーナッツ。熱を加えても栄養素が壊れにくいため、茹でたり、炒ったり、ペーストにしたりと様々なスタイルで、豊富な栄養素が含まれたピーナッツを食べることができます。まさにピーナッツは天然の栄養補助食品。あなたの健康を保つパートナーとして、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?


  •  
  • To index
pege top